激甘!バニラドリンク

    今日の一品(ブルガリア産以外)
    06 /18 2010
    アメリカのスーパーマーケットはネタが多くて嬉しいのですが、ネタとしても手を出すのをためらうレベルの見えている地雷もまた多く、勇気を試されます。
    今回の記事はそれらではなく、それほど警戒していなかった品についてです。

    HORIZON ORGANIC REDUCED FAT MILK
    vanilla.jpg

    「バニラ」の文字が多少気になりましたが、牛さんの絵と「ミルク」という文字に半分安心し購入しました。
    もちろん日本にある商品とは違う味を期待してはいたのですが、この商品は期待の斜め上をいくものでした・・・
    ゴホッ!何だこれはorz

    その正体は牛乳とはほど遠く、液状化したバニラアイスでした。
    しかも異様に甘いです。
    シェイクとも異なり、サラリとした液体です。
    味そのものはバニラ味なので決して未知の味ではないのですが、液状になることによって、一度に味覚細胞に襲いかかる甘味成分の量がハンパなくなっています。アイスクリームは、舌で溶かしながらゆっくり甘さを味わうから美味しいのであって、味だけ似せて液状にしても問題大ありです。味は似ていると書きましたが、脂肪分が殆どないので、アイスクリームの愉しみである乳脂肪の旨味も感じられず、非常に残念な事になっています(笑)。
    ここまで書くと散々な内容ですが、オーガニック原料を使うなど、原材料にはこだわっているようです。甘すぎることを除けば、栄養もありそうで体には良さそうです。

    なんとか、半分以上は飲めましたが、途中で喉が「これ以上飲みたくないよ」と叫ぶのを感知してギブアップしました。これは、甘党でもきつかったです・・・

    コメント

    非公開コメント

    先の記事の「特別な存在」にも笑えましたがこれも随分とエグそうな商品ですね。やはり売りは「オーガニック」でしょうか。(笑)
    それにしても欧米人の味覚は我々とかなりかけ離れている感じですね。私も昔ブラジルで似たような(?)商品に出くわした事があります。丁度ミルキーを液体にしたようなものといえば判り易いでしょうか。無論甘さは強烈でしたので当然ながら半分以上残してギヴアップ。
    過ぎたるは。。。という格言を輸出して貰いたいと思いました。

    いくら有機原料を使っていても、こういうドリンクをグビグビ飲むのは問題があるような気がしてなりません(笑)。
    液状ミルキーもきつそうです。仮にネタだとしても、一口目でもう役割は終わりですね。残りは特急流し台行きになっても仕方ないかと・・・
    極端な甘味や辛味を好むのは気候条件の影響もあるそうです。大抵はエスカレートし過ぎた結果でしょうけど。

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。