乗ってはいけない#63

    交通
    07 /09 2011
    仕事で必要なこともあり、シカゴの地下鉄バスが乗り放題となるパスを購入しています。
    日本だったら、こういうものを購入すると「全線制覇」を目指したくなるものですが、シカゴは近寄らないほうが良い地区がいくらかあるので、なかなかそうはいきません。

    Chicago crime mapを見てみると、シカゴ大学の南部・西部が特に危険なようで、
    「19歳の男性が胸を撃たれ死亡した」
    「15歳の男性が背中や足を幾度にわたって撃たれ重体」
    「信号待ちの車にいたカップルが撃たれる」
    「背中を撃たれた21歳の男性が発見された」
    「33歳の男性が強盗を払いのけようとして腕を撃たれる」
    「26歳の男性が撃たれ危篤状態にある」
    と怖ろしい犯罪がわずか1週間の間に起こっています。
    63rd street周辺にこれらの事件が集中しており、どの通りが一番危険か?というページにも、この63rdが「まじでヤバイよ、マジヤバイ」と書かれています。
    最近はGoogleストリートビューのお陰で、自ら危険を冒さなくても、通りの様子が見られます(→こちらをクリックして人のマークをドラッグ&ドロップ

    この通りを通るバスが#63なのですが、その車内で怪しい人物を映した動画も投稿されています。
    youtubeへのリンク

    乗り鉄・乗りバス好きな自分ですが、これだけはさすがにやめておきます・・・

    コメント

    非公開コメント

    残念ながらこのシカゴのような状況がほぼ世界の常識と言えるのでしょうね、おそらくは。
    世界平均からすると治安の良過ぎる環境で育った日本人の多くは危機管理能力が低いと想像できます。
    或る意味四六時中気を張りつめていないと生活できないのであれば神経も疲れますし、どちらを選ぶかと問われれば少しでも楽をしたというのが本音でして。(笑)
    不本意ながら(?)そのような環境が近くにある地域でお仕事をしなければならないのは本当に大変だと思います。
    どうか大過なく無事に帰国されますようお祈りします。

    ありがとうございます。
    世界の都市をみると、割とどこにも危険と呼ばれている区域が一部ありますね。
    誰をターゲットにした犯罪が多いのかは土地によって違うので一口に「治安が悪い」とも表現できなさそうです。私はイタリアには行ったことがありませんが・・・
    やはり、安全はタダで手に入るのが理想ですね。

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。