納豆こんにゃくビスケッイ

    今日の一品(ブルガリア産以外)
    07 /14 2011
    bisukeii0.jpg
    惜しいです。せっかく「ビスケッ」まで合っていたのに最後でやっちゃいましたね
    ・・・なんてのんきなことを言っている場合ではありません。
    素材、組み合わせ、包装、どれを取ってもヤバイ予感しかしないのですが。

    まず、包装ですが、

    bisukeii1.jpg
    よりすぐった大豆を炭火を使って育てました。 ←既に何かが
    カップの底にディンプルを施し ←だから何?(^^;
    さらにおいしくなった納豆です。 ←ビスケットじゃないの!?(爆)
    と微妙にズレていて楽しいです。

    しかも、こんにゃくというのは原材料のどこを見ても使われていないので、海苔の間違いであると推定できます。

    bisukeii2.jpg
    「厳選した素材を」という割には素材間違えてるじゃん!とツッコミたくなります。

    販売者は台湾の会社のようですが、製造はマレーシアで行っているらしいです。果たしてマレーシアで納豆や海苔の製造をしているのでしょうか?少し不安です。

    bisukeii3.jpg
    結構いっぱい入っています。個包装でよかったです。


    bisukeii4.jpg
    中身はこのような感じで、包装紙のイメージ写真とはかなり違うことがわかります。
    食感はビスケットとクラッカーの中間で、サクサクしています。
    危なそうな印象の割に味は比較的普通で、香ばしくてなかなかいけます。青海苔のような味はしますが、納豆の味は特に感じません。普通のスナック菓子を食べる感覚とそれほど変わらないです。
    お土産にぜひどうぞ。

    コメント

    非公開コメント

    またもや腹筋の痛くなるネタ、ありがとうございます。
    これがウケを狙おうとしてわざと行ったのだとすれば大したもんですが。(笑)
    パッケージの絵はあくまでもイメージなのですね。というかこんにゃくは本当に入っているのでしょうか。
    とりあえずちゃんと食べられて良かったです。これ人間の食べ物じゃねーよ、なんてのがもし出て来たら日本人はこんな物を食べているのか、などと本気で思われたりして。。。

    こんにゃくはSeaweedの誤訳だと思われます。こんにゃくは海産物ではないのですけどね(笑)。
    しかし、こういう面白い発想の商品は日本でも発売してもらいたいものです。

    >日本人はこんな物を食べているのか
    個人的には、ヤマ○キの食パンとか、心配です・・・

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。