アメリカの各国料理冷凍食品

    今日の一品(ブルガリア産以外)
    11 /13 2011
    シカゴに滞在中、食事は外食ばかり・・・ではあまりにも疲れるので、殆どスーパーで購入したもので済ませていました。
    宿に共同利用の電子レンジが付いていたこともあり、冷凍食品にはかなりお世話になりました。
    アメリカの冷凍食品というと、不健康なイメージを持つ方も多いかも知れませんが、商品を選べばそれなりに健康的で変化に富む食事を楽しむことができます。

    usareitou1.jpg

    Amy's VEGGIE LOAF
    このシリーズの特徴として、肉類を一切原材料に使用していないことです。商品によっては乳製品の使用はありますが、これには乳製品も使っていないそうです。
    ステーキのように見えるのは豆類や小麦蛋白を成型したものです。

    usareitou2.jpg

    トレイも付いているので、レンジで暖めるだけです。
    実際の完成図はイメージ写真そのままとはいきませんが、味はなかなか良かったです。旅の疲れで消化器の調子が悪いときにもおすすめです。
    usareitou7.jpg

    Amy's INDIAN PALAK PANEER
    こちらは乳製品を使用しています。ほうれん草カレーの具はやや弾力のあるフレッシュチーズです。辛味はそれほどでもありませんでした。

    usareitou3.jpg

    Amy's VEGETABLE LASAGNA
    牛肉を使用しない健康志向が嬉しいラザニアです。これも気に入りました。

    usareitou5.jpg

    Amy's BOWLS TERIYAKI
    ここでTOFUは現地でよく使われる歯ごたえの有るタイプです。何かの照り焼きではなく、照り焼きソース(風)で味付けられた野菜と米です。

    usareitou4.jpg

    Amy's TAMALE VERDE
    こんなメキシコ(風?)料理も冷凍食品化されていました。あまり馴染みのない料理でしたが、コーンとチーズの相性が良かったです。意外と添え物としてお米が登場する機会が多いです。


    usareitou6.jpg

    Crab Cakes
    こちらは7ドルとやや高めでしたが、クラブケーキがレンジで調理できるというのに惹かれ購入しました。レストランのそれには敵いませんが、お土産としても買って帰りたいくらいでした。

    コメント

    非公開コメント

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。