ブルガリア産フィンガーショコラ

    ブルガリア産食品
    01 /09 2012
    新たな商品がブルガリアからまた日本に上陸しました。購入した店はまたダイソーです。

    bgslim0.jpg

    sweetplusのslim(フィンガーショコラ オリジナル/ビター)と書いてあります。元の商品名は不明です。輸入業者はこのあいだのチョコビスケットはちみつシナモンとは違うようです。

    bgslim1.jpg

    原材料は日本でよく見かけるビスケットとそう大して変わりません。

    bgslim2.jpg

    こんな感じで入っています。
    食べてみた感じは、アソートクッキーに入っている銀紙に包まれたあれそのものです。あの種類だけひたすら食べたい場合はおすすめです。前回のはちみつビスケットと比べてしまうと、食感は似ているものの、味はややインパクトに欠けます。
    それにしても、ブルガリア産のお菓子は、チョココーティングされたものが多いですね。チョコというよりも、ココア風クリーム(植物性)と言ったほうが正確でしょうか。

    コメント

    非公開コメント

    連投失礼します。金曜日になったので確認のため店に行ったところ(笑)幸い両方とも置いてありました。
    こちらも控えめな甘さには好感が持てますが、商品としては仰る通りインパクトに欠けますね。と申しますのも一定の年齢以上の世代には「フィンガーチョコ」として既にお馴染みの製品でもあるからです。無論昔の物(私の一番旧い記憶では45年くらい前)とは比較にならない程品質も向上しておりますけども。
    どちらかを選べと言われれば「ビター」に軍配を上げたいです。「オリジナル」のほうはチョコはともかくクッキーの風味と食感にあと一工夫欲しい感じがしました。
    それでもこんなリーズナブルな価格で提供してくれるのは嬉しいですね。この次はどのような商品が出て来るのかと思うと楽しみです。

    コメント頂きありがとうございます。
    ひと昔前の方がこういうお菓子はポピュラーでしたか。私もチョコバットはよく食べましたが、あれもチョココーティングによって見た目は幸せ感がありました。
    オリジナルの方はやや物足りないですね。次回は国内にないような味を期待したいところです。カシカヴァール味のクラッカーを希望しますが、おそらく、現地にもない。。。

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。