ガイダの調律に悪銭苦闘の巻

    楽器
    01 /21 2012
    これまでは教科書の内容だけでしたが、ガイダを実際に触ってみるとどんな感じか書こうと思います。
    この楽器はカヴァルとはまた違った手強さがあります。カヴァルの場合は構造がシンプルすぎて(ただの筒!)なかなか音が出せなかったですが、このガイダはとにかく力強く息を吹き込めば音は出る・・・ように見えます。
    ところがこの音が安定せず、本来の音階からもずれているのです。ピスクンの微妙な状態に大きく依存するのですが、そのピスクンも非常にコントロールが難しいという極めてアナログ的な楽器なのです。

    gaida30.jpg

    とにかく調律ができなければはじまらないので、音を確かめながらピスクンをいじる必要があります。我々の手の及ぶのはピスクンの糸を巻く位置です。上の方で巻くほど音が高くなり、巻く位置を下にしたり糸を緩めたりすると音は低くなります。これもかなり微妙な調整が必要です。上で巻きすぎるとエジチェが振動しないので空気が管の内部に入らなくなります。ユルユルでも空気が管内部に向かって駄々漏れになり、音がでません。空気を送る量(<肺活量)ともかかわってきますから難しいです。ピスクン自体がだめになっている場合もあります。
    試してみると、ガイドゥニツァの調律の際に問題が。
    「音が途中で逆転する。」教科書によれば穴をふさぐ数が多いほうが低い音となるはずですが、右手の指を使うあたりから約1オクターブほど上がってしまいます。教科書にはこんな仕様は書いてありません。
    ガイドゥニツァに問題があるとは思えませんので、ピスクンの問題かと思われますが、手元にある数個のピスクンいずれを使っても同じ現象が起こります。これには参りました。解決できるでしょうか・・・

    ※小ネタ
    音を確かめるとき、プロの解説ビデオではピスクンを付けたガイドゥニツァを直接口で咥えて吹いていました。
    それが本来のやり方でしょうけど、どうしても唾液で湿るので、フットポンプからホースを経由して空気を送れるようにしました。ホールは近所のホームセンターで数種類の内径のホースをカットしてもらいました。ガイドゥニツァにもドゥハロにも接続できます。邪道っぽいですが長時間試しても楽器が湿らない点はいいかも知れません。

    gaida31.jpg
    なぜか妙な出番が回ってきたフットポンプ+カットホース

    gaida32.jpg
    内径15mmのホースを接続。ホースを口に咥えて吹くことも出来ます。


    続いて調律についてですがこちらも未だに停滞中です。
    現在、現地から購入したピスクンが追加注文した分も含めて3組あるのですが、

    ・ガイドゥニツァ用1(75点)
     半オクターブほど出るが音階は教科書と異なる。不安定な音が有る。
    ・ガイドゥニツァ用2(70点)
     同上
    ・ガイドゥニツァ用3(20点)
     いろいろダメな感じ。舌の片端が僅かながら欠けてしまっている。
     
    ・ルチロ用1(70点)
     空気圧によってはいい音が出るが、時々音が裏返る。
    ・ルチロ用2(40点)
     高めの音しか出ない。低くしようとすると音が出なくなる。
    ・ルチロ用3(10点)
     音は出るが、切れ込みが大きくて空気がどんどん出てゆく(大問題)

    糸を巻く上端の位置が1mm違うだけでも音が変わりますからシビアです。
    音を出している最中でも音程が変わってくることもありますし。
    糸だけでなく輪ゴムも試してみましたが、それはそれで扱いにくいです。

    勉強も兼ねてガイドゥニツァのピスクン自作に挑戦してみました。

    材料:細い竹、薄い木板(幅5mmx厚さ1.5mm)
    1.竹は節の部分を含めて5cm程度の長さにのこぎりで切断する(適切な太さの部分を使う)
    2.やすりで円筒状になるよう整形する
    3.舌をはめる部分を削ぎ取る()
    4.やすりで木版を薄くして(振動するように)、舌を作る
    5.竹部分に接続し、糸で固定する

    実際やってみるとかなり難しいです。10個ほど作ったものの大半が悲惨な結果に終わりました。辛うじて1つだけ音が出るものが出来ましたが、やはり音程はずれています。調整すれば演奏できるようになるでしょうか。

    piskun2.jpg
    音が出たオリジナルピスクンは結局これ一個だけ・・・

    ちなみに、東急ハンズで売られている熱湯で変形するプラスチックも試してみましたが、こちらは整形が難しく、早々と断念しました。


    続いて、ルチロ(ドローン)リードを自作してみた


    原材料の竹はもともとガイドゥニツァのピスクン用にとったのですが、ガイドゥニツァには太すぎたのでルチロ用にまわしました。前と同じように節が端にくるようにノコギリで竹を切断し、切れ込みを入れ、舌となる木板を固定しヤスリで整形しました。写真は上が購入したピスクン、下が自作したピスクンです。

    piskun_ruchilo.jpg

    とりあえず音は出ましたが(奇跡?)、音色を比較してみると、

    購入したピスクン:







    自作したピスクン:







    購入したほうは比較的柔らかい音色なのに対し、自作したほうはビリビリという音が混じっているようで気になります。波形を見てみると、

    購入したピスクン:
    piskun_ruchilo_0.jpg

    自作したピスクン:
    piskun_ruchilo_1.jpg

    明らかに高周波成分がのっているような。
    舌を削って薄くすることで改善する可能性もなくはないですが、後戻りはできないのでためらいます。そもそも木板を付けた時点でアウトなのかも知れませんし。
    空気の漏れる量は自作したピスクンの方がやや少ないかな?という程度で大きな差はありません。もともと、吹くことを考えて空気の漏れを少なくしたかったのですがなかなかうまくいきません。難しいです・・・


    その後


    その後もガイダのリード作りに励んでいました。といっても手探り状態で、さながら出来の悪い「夏休み自由研究」のようです。
    ピスクンの素材も以前は竹で作っていましたが、木やアクリル管を試したりと迷走しています。せっかく作っても、

    ・サイズが合わずガイドゥニツァに入らない(問題外)
    ・盛大に空気漏れ
    ・ドとレとミとファとソとラとシの音が~出な~い♪

    など残念な結果に終わることも少なくありません。

    そんな中、一つだけ進展がありました。
    調律には糸を結ぶ位置を変えて音程を調節しなければならず、これがあまりにも不安定だったのですが、糸の代用品が見つかりました。

    piskun13081.jpg

    東急ハンズで購入した「熱収縮チューブS-10」です。これを幅2~3ミリに切断し、ピスクンにはめます。
    ドライヤーで数十秒熱風を吹き付けることで締め付けることができます。あまり締め付けすぎると位置調整ができなくなりそうなので、適切なタイミングで中断します。

    piskun13082.jpg


    以前輪ゴムを試したときは、かさばる上にサイズが合わずダメダメだったのですが、これならまだ期待が持てます。

    しかしそれでも・・・


    ・音が出ない(一部または全部)
    ・空気ダダ漏れ
    ・音階が安定しない
    ・削り方を一歩誤ると努力が水の泡

    gaida1401.jpg
    (何かしらの問題をかかえた自作ピスクンたち)


    なんとか状況を打開しようと、今回目をつけたのが Ezeedrone Bagpipe drone reeds(スコットランド産の人工バグパイプリード)です。
    80ドルもする上、仕様説明もなく使えるかどうかも分からなかったので迷いました。なにしろ、音階が合う保障も、物理的に本体に挿さる保障もありません。が、このままガイダが粗大ゴミになってしまっては勿体無いので、思い切って注文しました。
    バグパイプに詳しい方が読んだら「邪道だ」と呆れるかもしれません。ガイダのガイドゥニッツァ用のピスクンとして、ハイランドバグバイブのドローン用リードを使うわけです。

    gaida1400.jpg

    この商品、さすが高いだけあって、品質は安定しています。難なく(何かしらの)音は出ました。糸を巻いて少し周長を大きくすることで、ガイドゥニツァの挿し口にも収まりました。
    このうちの1つを挿してみて、どんな諧調になったかというと・・・

    第1オクターブ
    ミ  ● ●●●|●●●● ※
    ミ  ● ●●●|●●●○
    ファ#● ●●●|●●○○
    ソ  ● ●●●|●○○○
    ソ# ● ○●●|●●●●
    ラ  ● ●●●|○○○○
    ラ# ● ●●○|○○○○
    シ  ● ●○○|○○○○
    第2オクターブ
    ド  ▲ ○○○|○○○○
    ド# ○ ○○○|○○○○
    レ# ● ●●●|●●●● ※
    ミ  ● ●●●|●●●● ※

    (※どれが出るかは気圧と運次第)

    とりあえず1オクターブ出ています。「ソ#」だけ妙な指配置だったり、全ての穴をふさいだときに何が出るかわからないのが地味に痛いですが。
    教科書にのっていた音階とはずいぶん違う・・・といいますか、どうやったらこんな音階にできるのか訊きたいですが(苦笑)。
    これでも今までの状況を考えると有難いことです。これだけで演奏できる曲もありますし。空気漏れもないので、ガイドゥニツァだけなら、空気満杯の状態から息継ぎなしで30秒以上演奏できそうです。


    結局・・・


    数買って試した所、良さそうなリードに巡り会えました。いきなり自作はハードル高すぎましたね(^^;

    コメント

    非公開コメント

    なかなか一筋縄ではいかないようですね。苦心されている様子が目に浮かぶようです。
    本場の既製パーツでさえも完璧でない(?)というのは戴けませんね。本来なら返金してもらいたいところです。
    日本でもバグパイプの製造販売をしているところがあるそうです。
    既にご存知かもしれませんが、このサイトが役に立つといいのですが。
    http://nakatsuipipes.com/maintenance.aspx

    情報ありがとうございます。そのページは知りませんでした。他のパグパイプのリードの写真と見比べても、やはりガイダは原始的な構造なのだなと感じてしまいます。
    原料が植物なだけに、有る程度の品質のばらつきはどうしても有るようです。それでも調律のプロなら扱えるのでしょうけど。
    調律よりも、はやく演奏の練習がしたいものです(苦笑)

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。