ブルガリア産アインコルン小麦コーヒー ジェズベ用

    ブルガリア産食品
    11 /21 2015
    kafeslimets1.jpg
    Кафе с лимец за джезве
    Kafe s limets za djezve

    穀物コーヒーはそれなりに知名度ありますが、この商品はブルガリア産、しかも古代小麦アインコルン使用というレアものです。
    しかも極めつけとして

    「ジェズベ用」

    なんだそれは―――!
    ということで、トルココーヒー用のジェズベをわざわざ購入して挑みました。
    100均には売ってなさそうでやっぱり売って無かったので、名古屋大須のkaseriyaさんで600円くらいで購入しました。トルコ人の店員さんが2人がかりで丁寧にコーヒーの淹れ方を日本語で教えてくれました。

    まずこの商品の正体ですが、原材料は、焙煎ヒトツブコムギ(古代小麦野生種 Einkorn/アインコルン)50%,細挽コーヒー(ロブスタ種,アラビカ種),焙煎ヒヨコマメ,焙煎ライ麦,ゴボウ,チコリー,タンポポ。これらのハーモニーが絶妙だと書いています。

    kafeslimets2.jpg

    作り方は、

    kafeslimets3.jpg

    1.100mlの冷水に砂糖を溶かしジェズベで熱する
    2.この商品をスプーン1杯加える
    3.泡の風味が出るまで3回まで沸かす(このあたりは微妙な表現で、泡が出始めても完全に沸騰させないように何度か調整するのだと思われる)

    教わったトルココーヒーの作り方とは若干違うような気がします。

    kafeslimets4.jpg

    できたらカップに移して泡と上澄み液だけを飲みます。
    上澄み液といっても、沈殿物と完全に分離するわけではないので、どこまで飲めばいいのか迷うところではあります。
    この沈殿を見ると、確かに穀物成分が多いことがわかります。水分を吸って膨らむせいもあるでしょう。

    味は珍しいです。言うならコーヒーと麦茶を足して甘くしたような味ですが、コーヒーと穀物の香ばしさがダブルで楽しめます。なるべく濃い目に淹れるのが美味しく飲むコツだと思います。

    コメント

    非公開コメント

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。