伊豆名産笹子匠 わさびせんべい

    今日の一品(ブルガリア産以外)
    03 /12 2017
    よく激辛わさび味と名乗った菓子が売られています。嫌いではないので買うこともあるのですが、それほど強烈な味の商品に出会ったことはありません。メーカー品ではやり過ぎできないのかも知れません。また、原材料表示を見ると「わさび風味シーズニング」などと書いてあることがよくあり、本物のわさびが使われているわけではないようです。
    ピリッとした刺激と、それらしい香料を組み合わせて作っているようです。

    そんななか、満を持して(?)登場したのが、

    wasabisen4.jpg
    「伊豆名産笹子匠 わさびせんべい」
    沼津駅近くの和菓子屋でも購入できます。

    wasabisen2.jpg

    見た感じは普通の土産用菓子で何か狙った商品には思えません。
    しかし、この商品の破壊力はなかなかのものです。

    まず、一枚まるごと口に入れてはいけません。
    おそらく強烈なワサビの刺激で悲鳴をあげることになると思います。
    それも脳天を突いて、涙腺を刺激する、あのワサビの刺激成分です。

    wasabisen3.jpg
    わさび粉が決め手のようです。

    普通のせんべいのようにバリボリ貪るのはこの商品では無理です。カケラを少しずつ口に入れて、恐る恐る咀嚼するしかないのです。何の修行でしょうかw
    親戚に食べてもらったところ、家族団らんの場が阿鼻叫喚の嵐となる危険があるということで、

    劇物認定

    されました。

    ともあれ、変なわさび風味調味料ではなく、名産のわさびをリスペクトして作られた商品に間違いありません。わさび好きな方は試しに一度どうぞ。

    コメント

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。