バルカン系スーパーマーケットHARVESTIME

    スーパーマーケット
    08 /16 2018
    ※この記事は7年前の情報に基づいています

    実家でCD-Rを整理していたら、シカゴ出張時の写真が出てきました。そういえばまだ記事にしていないネタもありましたので、リバイバル掲載します。


    harvestime_IL0.jpg

    こちらがバルカン系スーパーマーケットHARVESTIME。逆光でしか撮れなかったです。

    harvestime_IL6.jpg

    冷凍バーニツァの広告です。日本でも業務スーパーあたりで扱ってもらえませんかねえ。
    普通にブルガリア語で書かれていることに驚きです。


    harvestime_IL5.jpg

    チーズコーナーでは、ブルガリア産チーズの品揃えがかなり充実していました。(別の商品が混ざっていたりと陳列がいまいちなのは客のいたずらでしょうか?)
    左側は白い塩漬けチーズと書かれているのでシレネかと思います。
    右側のカシカヴァールも各社いろいろ出しているようです。ラクトバチルス菌入りと書いてあるのが気になります。
    シレネ、カシカヴァールいずれも牛乳製と羊乳製の2種類あって選べます。
    帰国間近で完食できる見込みなく、買わなかったのが心残りです。向こうの食生活だと、この程度の量を一日で完食するのはごく普通のことかもしれませんが、私一人では厳しいです。


    もちろん、いくらかの商品を購入してホテルに帰りました。

    harvestime_IL2.jpg

    こちらはブルガリア産の洋なしジュースです。крушаという単語だけではブルガリア語と同定できませんが、フォントがブルガリア語なので、そこが見分けるポイントです。
    なお、右のヨーグルトはブルガリア産ではなく、NYで製造しているらしいです。


    harvestime_IL3.jpg

    こちらは、アイラン、甘くない飲むヨーグルトです。日本でもトルコ料理店で飲めますね。塩味を感じるものもあります。暑い日に飲むと爽やかで、熱中症予防に良さそうです。
    アイランはトルコ語起源で、ブルガリア語の単語にもなっています。ブルガリアではАйрянという商品名で流通していました。私は現地のセミナーでАйранが正しい綴りと習いましたが(2004年)、その年に改定されたブルガリア語辞書からはАйрянが正式と改められたそうです。wikipediaを見るまで気づきませんでした。

    コメント

    非公開コメント

    No title

    暑いなか記事の更新お疲れさまです。また今年の大雨による被害はなかったのでしょうか、少し気になります。
    仕事柄あちこちに行かなければならないのは色々大変だと思われますが、現地での面白い発見はとても刺激的です。(いつも楽しみにしております)
    さすがアメリカは移民の国だけあって目を見張るような品揃えですね。
    東京でもたまに我々が読む事ができない看板を見かけますが、それでも商売が成り立つというのはさすがだと思います。
    フェタ、シレネやカシカヴァールもいつも食べたいのですが、私の住む地域の店では取り扱いが殆どなく、残念でなりません。おそらくは客がいたずらして間違った値段で買ってしまいそうな陳列がたまにある、品揃えが貧弱な「低所得者層御用達」の店は家の近くにありますけど。(笑)
    ブルガリア語のフォントはいい目印になりますね。Trimona社は日本でいえば「明治」といったところでしょうか。会社の成り立ちが気になります。
    「アイリャン」は私もトルコ料理店で頂いたことがあります。暑い日でしたが何故かぬるくて氷も入っていないのには閉口しましたが。(苦笑)
    トランプ政権になってからは移民に対する風当たりが強くなったと聞いております。これらの店もお客さん達も平穏無事にいられる事を願うばかりです。

    No title

    ありがとうございます。こちらは幸いにも大雨被害はありませんでいたが、長引く猛暑に体力を削られております。
    私も日本ではシレネやカシカヴァールは見たことがありません。フェタはスーパーによっては見かけますが、塩気が強くて利用範囲が狭いですからね・・・
    >「低所得者層御用達」の店
    ↑こういう店も個人的には好きですので、機会があれば寄ってみたいと思います。
    Trimona社のヨーグルトの味は忘れてしまいましたが、whole milk使用な分、明治乳業より格上かも知れません(明治も100%生乳ありますが)。
    ぬるいアイリャンは残念でしたね。そういえば私も現地セミナーのツアーでシプカに出かけたとき、昼食代わりにヨーグルトを渡されたのですが、車のトランクで人肌以上に温まっていました。「向こうの人はヨーグルトぬるくても気にしない説」が浮上してきましたね。まあ出来たてはホカホカですし?
    ・・・すみません。私も移民に優しい世界を願っています。

    No title

    ご指摘の「低所得者層御用達」の店は『トライアル』です。
    そちらの近くにもいくつか店舗があるようなので、もしかすると過去に行かれているかもしれませんね。
    私の家の近くの店舗は、元々北海道資本の「カウボーイ」というスーパーの一号店でしたが、メインバンクの相次ぐ破綻やさまざまな要因が重なった結果、経営に行き詰まってしまいトライアルに吸収合併された経緯があります。
    両店とも「低価格」が売りなので、昔も今も札幌市内では最も安く買える店であると思われます。従いまして客層の水準は推して知るべしといったところで、駐車場などは常に「無法地帯」と化していますので全く気が抜けません。
    確かに家計には優しいので滅多に他の店に行く事はないのですが。(苦笑)

    No title

    トライアルですか。まだ行っていませんでしたが、そんなに遠くないので訪れてみようと思います。
    私が激安店系でよく行くマルスは、団地内にあることもあり南米系の方の利用が多く、激安スーパーにありがちな「軍艦マーチ」をBGMに、ポルトガル語が飛び交っています。大袋入の冷凍ポンデケージョがイチオシだそうです。
    確かに激安店の駐車場は危ないところがありますね。車種によっては時間帯を選んだほうが良さそうな感じはします。

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。