Кристиана vs Кристина

    BGポップフォーク
    11 /17 2018
    Кристиана - Шейх



    クリスティーナ・・・ではなく、クリスティアーナさんの作品は最近当たりが多く、何度も繰り返し聴いています。
    こちらの曲もお気に入りです。

    Аз съм Шейхと連呼している意味が分からなかったのですが、原曲「I'm a sheikh」が存在し、そちらから取ってようです。



    sheikhは首長などを表すアラビア語だそうです。上司、チーフを表すшефと似ているのは偶然でしょうか。



    このクリスティアーナさんと紛らわしいのがHit productionのクリスティーナさん。
    「あれ、クリスティアーナさんってこんな独特な声だったかな?」と不思議に思ってたら、別の人だったというオチでした。

    Кристина - нека да говорят

    コメント

    非公開コメント

    No title

    最近はポップフォーク(の新作)とご無沙汰しておるものですから、これらの歌手の名前やレコード会社も全く知りませんでした。
    クリスティアーナさんのクリップはまさにPFの王道を行くといった感じですね。
    これだけ豪華な仕上がりとあらば予算も半端じゃなかったでしょう。
    製作会社の気合いを感じます。しかし笑ってしまったのが2番目のクリップとの共通部分です。もしかすると無許可でパクってしまったのでしょうか。(笑)
    訴えられないことを祈るばかりです。
    なお、私の好きなクリスティアーナさんはルーマニアの歌手(cristiana răduță)だというのは全くの余談です。(すみません)
    一方、3番目のクリップのクリスティーナさんはちょっと気の毒ですね。
    後半こそやや見応えがあるものの、予算が少ない事は一目瞭然。
    少しだけお歳を召されている分、好みが分かれそうですが声はかなり印象的なので判りやすいと言えるでしょう。個人的には彼女も応援したいです。
    ところで近年のレコード(CD)売り上げ減少は気になるところです。
    地球環境的にもダウンロードが望ましいのは十分理解できますが、根っからのアナログ人間の所為か、実体のあるほうが気分的には落ち着きます。
    国内にPF取り扱いのある良心的レコード店があるといいのですが。

    No title

    ありがとうございます。私も非パイネルにしては力作かと思いました。原曲との類似部分ですが、コピーともみなせますし、どう対応したか気になるところですね。さすがに偶然の一致という言い訳は通用しませんので。
    ルーマニアのクリスティアーナさんはポップフォーク系ではなさそうですね。意外と似た名前のアーティストは多いようです。
    クリスティーナさんの方は、レコード会社がマイナーなので、大手に移籍できるかがカギになりそうです。アラやサニーですら「パイネルの2軍」扱いされていますので、育成枠みたいな位置になりますでしょうか。
    私もアルバムの現物が欲しいのですがネットでは中々売っていないです。パイネルの公式サイトを見ると、一応CDのプロモーションはありますが、コンピレーションばかりですし「PlanetaTVかYoutubeで視聴ください」と書いてある始末。アーティスト個人のアルバムはプレスラヴァですら2011年を境に出ていませんので、その他大勢は推して知るべしな感じになりつつあります。

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。