ブルガリア産 ZIDO ヴィーガンクラッカー

    ブルガリア産食品
    01 /08 2019
    カルディにブルガリア産クラッカーが入荷しているという情報を頂いたので購入してきました。
    前回のヴィーガンビスケット同様、アインコーン小麦を使用しています。
    オリーブ味とトマト&バジル味が置いてありました。

    zidoc1.jpg
    zidoc2.jpg
    zidoc3.jpg


    こちらはクラッカーということで、塩味をベースとしています。
    全粒ヒトツブコムギ(アインコーン)が37.3~38.3%使用されています。ビスケットと異なり、こちらは全粒粉を使うことでコク味を前面に押し出した感じでしょうか。
    去年、ビーガングルメ祭りでアインコーンのパンを販売していた方と話をしましたが、やはりアインコーンは全粒粉を使うことでその本領を発揮するそうです。

    zidoc4.jpg

    左より、オリーブ味、トマト&バジル味です。ハーブの破片が目で見えます。

    オリーブ味
    黒オリーブとハーブの味をベースとし、比較的オーソドックスです。わずかに感じる辛味はどこからくるのか不思議です。
    クリームチーズと合いそうです(ビーガンではなくなりますが)。

    トマト&バジル味
    スパイシーなピザ系の味ですが、安っぽいスナック菓子とは違い、素材が生きている感じがします。一枚一枚に存在感があり、少量でも満足感が得られます。

    トマト&バジル味が特に気に入ったので、追加購入したいですが、また格安で買えますかね・・・?
    箱の裏を見ると、これらの味以外にも、ニンニク味とオリジナル味がラインナップにあったそうです(輸入されているかどうか不明)。アインコーンの素の味を味わえるオリジナル味も試してみたいです。

    あるブルガリアの方は「子供の頃、アインコーンが野原に自生しているのを見て、これ食べられるんじゃないの、そのうち注目されるんじゃないの、と思ってた」と話していました。

    コメント

    非公開コメント

    No title

    早速探しに行かれたのですね。見つかって良かったです。
    実は私もビスケットはないかと別のカルディへ行きましたが、やはり置いて
    なくて仕方なく再びクラッカーを仕入れて来ました。
    箱には3種類の絵がありましたのでもう一つはと期待しましたが、やはり
    前回と同じ2種類しか置いてありませんでした。
    私はヴィーガン主義者ではありませんが、このクラッカーには嵌りそうで
    とても怖いです。笑
    特にトマト&バジルがお気に入りです。分量は決して多くないものの、意外と
    腹持ちして満足感もありますし。
    野生のアインコーンが生えている風景というのは面白そうですね。
    こちらではたまに大麻が自生しているというニュースは流れますけど。

    No title

    情報提供ありがとうございます。クラッカーはマーク外で、カルディそこそこ寄っているにも関わらず気づきませんでした。
    箱は別種類のクラッカーの存在も匂わせていますが、取扱いの対象になっていないのかも知れませんね。
    ビスケットに関しては、こちらのカルディにもありませんでしたので、私の情報が古かったのだろうと思います。ご足労おかけしてすみません。
    日本語の表示を見ると、辛うじて「ヴィーガン」と書いてあるだけですので、もう少しアピールがあっても悪くないと思います。
    アインコーンに至っては、何の説明もありませんし(^^;
    有用な植物は意外とあちこちにありそうですね。

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。