Amore チョココートビスケット&ウエハース アソート

    ブルガリア産食品
    03 /04 2019
    長野県のベルシャイン伊那店の輸入食品コーナーで偶然見つけた、

    bgamore0.jpg
    Amore チョココートビスケット&ウエハース アソート

    ロゴでピンときた方もいるかも知れませんが、ブルガリア産です。

    旅行中で荷物増えるのも微妙だし、ギフト用なのかブルガリア産にしてはやや強気の1000円(2割引だったけど)という価格、
    ・・・まあ、買うけど(^^;
    bgamore2.jpg

    よく見ると、過去にみたことのある種類も含まれています。
    個々の説明がブルガリア語と英語で書かれています。

    bgamore1.jpg

    中のパックを開けるとこんな感じです。

    bgamore3.jpg


    左上から時計回りに試していきましょう。

    (左上)Wafer sticks
    柔らかめのカカオウエハースを得意のチョコがけで仕上げた一品です。Sweet+と警告(?)されている通りけっこう甘いです。砂糖マシマシな感じがします。

    (中央)Go-tiny
    ココアビスケットをココナツファインとチョコでコーティングしたものです。以前業務スーパーに入荷していたGo-tinyと同じシリーズですが、チョコがけなのが違いますね。甘さは相変わらず健在ですが。

    (右上)Z Biscuits
    ココアビスケットをチョココーティングしたもので、既視感ありますがこれは初めてと思います。例のごとく甘いですが美味しいです。

    (右中)Vafilice Zydo
    ウエハースの上にピーナツをまぶしてチョココーティングしたもので、これも以前レポートしたこちらの別バージョンと思います。厚めなので2枚しか入っていません。個人的にはココナッツ版の方が好みだったかなと思います。

    (右下)Z Biscuits
    シナモン味ビスケットの片面をチョココーティングしたものです。ビスケットのように見えますが、半部以上砂糖でできている感じがしてやばいです。最近試したブルガリア産スイーツは素材にこだわった健康志向が多く感銘の連続だったのですが、このビスケットは20年前にタイムリープした感じがします。

    (左下)Olimpia
    かつてダイソーで販売されていたコスパ最強のバタービスケットオリンピア、別名ブルガリアバタービスケットじゃないですか。まだ製造していたのですね。バターの風味豊かで、ちょっと塩味も効いていて、これだけ別格な感じがします。

    他のはいいので、オリンピアだけでも再販してもらえないものでしょうか。

    コメント

    非公開コメント

    No title

    う〜ん、値段を考えますとかなり微妙な感じですね。
    といいますかはっきり言って高い!(笑)
    失礼しました。
    私は伊那という地名を全く知らなかったのですが、
    お仕事で行かれたのでしょうか。
    当然の事ながらベルシャインという店名も初耳で
    どうやら結構ローカルな地域展開のようですね。
    わざわざこちらで購入されたという事は、もしや
    初めて見たパッケージの商品なのでしょうか。
    確かに「ブルガリア産」というのは反則技ですよね。
    (笑)
    値段がもっと安ければ良かったと思います。

    No title

    我々なんかは慣れているので「いつものブルガリアのお菓子だね」ですが、これを本当に贈りものにする場合は相手を選ぶ必要がありますね。
    今回は旅行ついでに寄ったスーパーで見つけたのですが、地元ではまだ見ていない商品です。こういった輸入菓子に希望小売価格なるものがあるのかよく分かりません。そのうち原宿舶来食品館あたりに7割引で並ぶことになるかも知れません。

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。