希少品種リンゴ収集記 グラニースミスは生でもアップルパイにしても至高だった

    作ってみた
    03 /30 2019
    (業務スーパーにブルガリア産○○○○が入荷したとの情報を得て、必死で数店回ってきましたが収穫ナシだったため、今週は別ネタで記事を書きます。)

    私はリンゴが大好物で毎日のように一個まるかじりしておりますが、例のごとく希少品種にも目がなく、事あるごとに探しております。
    ここ数年はりんご研究所の希少品種セットを注文していました。この企画商品は、市場に出回らない品種も試せるとあって、販売開始から数日を待たずして売り切れとなることもありました。

    2015年
    ringo_2015.jpg
    2016年
    ringo_20162.jpg
    ringo_2016.jpg

    2017年
    ringo_2017.jpg

    2018年
    ringo_2018.jpg

    記憶に残った品種をいくらかピックアップします。


    千雪


    ringo_chiyuki3.jpg

    外見からして独特です。濃い赤色に、白色の点々がまんべんなく入ります。魔女のコスプレをして持ったら毒りんごに見えるかもしれません。


    ringo_chiyuki1.jpg
    ringo_chiyuki2.jpg

    果肉にピンク色が入ります。この品種の良いところは、切った状態で放置しても変色しないんですよね。味も上々ですし、もっとメジャーになって欲しいと思います。最近は割と通販でも手に入りやすくなった気はします。

    ringo_indo_chiyuki.jpg

    というわけで別の店からも追加注文しました。なお左は印度という今となっては珍しい品種で、甘味主体でサクサクした歯ごたえです。


    その他のラインナップ


    いろいろあるので手短に。

    王鈴・・・軽めの歯ごたえで、王林に似た味ですが甘さの系統がちょっと変わっていました。
    あおり25・・・紅玉のように酸味が強めで好みの味でした。
    ゴールデンメロン・・・大きくて緑色の外皮は、確かにメロンを連想させます。味は花蜜のような甘味と、適度な酸味があります。これも皮ごといただきたいりんごです。
    陸奥・・・一個が大きいです。酸味は穏やかで、王林に似た味かなと思いました。これもプリンスメロン系の味を感じました。
    かおり・・・蜜入りでした。ふじりんごに似ていますが、酸味は弱く、甘味主体の味です。市場には出回らないそうです。
    北斗・・・大きいやわらかめで甘味が強い。
    初恋ぐりん・・・香りがすごい。甘味のタイプが赤色系統と違って、メロン系の甘味?酸味もあって良いです。

    ringo_hatsukoi1.jpg
    初恋ぐりん

    出張で行ったアメリカのスーパでもガラやマッキントッシュなど10種類近くの品種を試しましたが、記録や画像がHDDトラブルで飛んでしまったため割愛します。(もう自分自身以外信用しません)


    グラニースミス


    リンゴの季節も終わったかなと思っていた3月、農協の産直コーナーに見慣れない緑のリンゴが並んでいました。

    smith1.jpg

    グラニースミスって日本国内でも栽培されていたのですね。この季節に出てくるのも意外でしたが、むしろ春に生食するのに適しているようです。


    smith2.jpg

    生食したところ、硬めの歯ごたえで、甘味は少なめで、キレのある酸味があって通好みな味です。紅玉好きな自分はそのままでもいけます。

    これを使ったアップルパイが最高とのことで、作ってみました。


    smith5.jpg

    バターとハチミツ(○○○○○産が入荷してなかったので前から使っている国産使用)、シナモン少々を加えて味付けます。

    smith6.jpg

    グラニースミスを煮詰めるのは意外と簡単でした。


    smith7.jpg

    パイ生地も業務スーパーのリトアニア産冷凍パイシートを使用するので手軽です。


    smith3.jpg

    オーブンで25分ほど焼きました。


    smith8.jpg

    これは確かに美味しい(*>∀<)!
    煮詰めたら酸味が弱まるかと思いきや、しっかり酸味が活きていて、甘味と合わさって幸せな感じです。甘いだけのりんごだとこの味は出せないでしょう。アップルパイ用と言われるだけのことはありますね。
    中々手に入らないですが、調理用リンゴの世界も奥が深いです。

    コメント

    非公開コメント

    No title

    俗に「りんごは医者要らず」と申しますので、日常的に食されるというのは良い習慣ですね。
    それにしても私の知らない品種ばかりで、かなりマニアックな品揃えに見えるのですが、どの程度市場に出回らないものがあるのか、見当もつきません。
    赤い果肉のリンゴはかなり昔に一度だけ食べたことがありますが、生憎と品種名までは覚えておらず、はたしてご紹介いただいた物と同じである可能性はかなり低そうです。
    りんご研究所というのも面白い名前の施設ですが、頒布会も開催しているのですね。
    やはり好きなものであればあるほど取り寄せてみる価値は十分あるでしょう。
    何より市販されていないものまで買えるというのは凄い事だと思います。
    近頃はなるべく甘い物を控えるようにしているのですが、この記事を見て近くで売っているという評判のアップルパイを試したくなってきました。
    ところで冒頭のブルガリア産○○○○というのがものすごく気になります。
    教えていただくまで眠れそうもありません。笑

    No title

    実際に研究段階のもので世に出回らないのも多くあるそうで、そういった品種が誰よりも早く味わえるのは農業試験場の方の特権ですね。
    これよりももっと赤い果肉のリンゴもあるそうですが、私はまだ試せていません。もしかしたら以前試されたというリンゴも加工用の希少な品種なのかも知れません。
    アップルパイについては今回、意外と買いに行くより作ったほうが早いことに気づきました。糖分もコントロールできますし。
    業務スーパーの新商品はМЕДですが、私も手に入るまで眠れないかも知れません(笑)

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。