ブルガリア産ローズエリキシール Еликсир роза

    ブルガリア産食品
    05 /26 2019
    輸入食材店のジュピターに行ったら、見覚えのある商品が入荷していました。

    roseelixir0.jpg
    ローズエリキシール または ローズエリクサー

    昔ブルガリア人留学生からお土産に頂いたことがあります。輸入もされていたのですね。
    これと同名のジュースが売っていたので、以前、職場にお土産として持って行ったときは

    「トイレの芳香剤の味や」
    「MP全回復した」


    とよくわからないコメントを頂戴しましたが、美味しいという感想はありませんでした。
    今回はこれの良い使い道を探りつつレビューしてみます。

    roseelixir1.jpg
    裏面

    roseelixir2.jpg
    底面

    ダマスクローズオイルが微量入っている感じでしょうか。寄与は香りだけで、色も味もない筈ですので、あとは主にブドウ糖果糖液糖で甘味づけしているみたいです。

    roseelixir3.jpg

    そのまま頂くと、むせるほど甘いです。
    温かい紅茶に適量入れると、バラのフレーバーティーになっていい感じでした。



    ・・・と、これで終わりというのもなんなので、よくブルガリアフェスティバルで見かけるバラのソフトクリームを自作してみようと思います。2回作れば元取れますしね。


    MOW ブルガリアンローズ味?


    MOW_bg_rose.jpg

    お馴染みMOWは、汎用性も高く、少し溶かし目にするとソフトクリームっぽくなるので良いです。(注:実際にこのような味は発売されていません)


    roseelixir4.jpg

    というわけで合わせてみましたが、問題点として、アイスに混ぜるとシロップが冷えて固まるので、均一に混ぜにくいというのがあります。やっぱりホット用なのでしょうか。
    あと、混ぜたところで売っているバラソフトのような色になるわけではありません。まああれは合成着色料やコチニール色素、良くてもビーツ色素などで色をつけているのだと思いますが。

    他にもいろいろ応用できそうなので思いついたら試してみます。




    bulhoney7.jpg
    個人的には、ローズはちみつのほうが自然ですし、味の観点からもおすすめしますが。

    コメント

    非公開コメント

    No title

    この商品はかなり以前にどこかで見たような気もしますが、輸入食材店のジュピターというのは札幌にも店舗があるあのジュピターでしょうか。
    ならば早速探しに行こうと思ったのも束の間、、、
    原材料のトップに書かれている物を見た途端、気持ちが萎えてしまいました。(笑)
    こんな事ばかり言っているとそのうち食べられる物が無くなってしまいそうですが、できればこれ以上体調を悪化させたくないので(笑)残念ながら今回は購入を諦めることにします。
    自家製ブルガリアンローズアイスには笑ってしまいましたが、食べ過ぎにはご注意ください。

    こんばんは。ジュピターは全国各地にあるようですね。静岡に居た頃もブルガリア産わさびポップコーンなどのネタを仕入れさせて貰えました。
    今回の商品はお土産としては良いと思いますが、ほぼ糖分ですからね・・・。身体に負担をかけてまで突撃するほどではないかなと思います(笑)。
    香りだけなら食品用のダマスクローズスプレーとか売っていれば便利なのにと思います。もうあるかも知れませんが。

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。