アリサン 有機ひまわりの種 期間限定ブルガリア産?

    ブルガリア産食品
    06 /03 2019
    休日、オーガニックスーパーに足を運ぶと、ある商品が目に留まりました。

    himawari0.jpg
    オーガニック食材で有名なアリサンのひまわりの種(生)


    himawari1.jpg
    ブルガリア産です。

    ネットでこの商品を調べたところ、必ずしもブルガリア産ではないようなので、入荷時期によって産地が違うのでしょうか。

    ブルガリアの広大なヒマワリ畑はSNS映えすると話題ですし、ヒマワリの蜂蜜も売っています。現地ではお菓子としてヒマワリの種も売っていますし、実際私もお土産に買いました。まあ、そう滅茶苦茶美味しいわけではありませんが、健康にも良いですし。
    久々なので購入しました。

    生で食べられるということなので、そのままいただきます。

    ・・・まあ、お馴染みのサンフラワーシードですね。

    himawari2.jpg
    炒ってみました

    こっちの方が香りも立つし、コクが出て美味しいですね。どうしてもヒマワリの種パンプキンシードより格下のイメージでしたが、こうやって軽く色づくまで炒って熱いうちにいただくと化けます。

    砕いて蜂蜜と混ぜて固めたりするとまた美味しいお菓子になると思います。気が向いたら試してみようと思います。


    コメント

    非公開コメント

    No title

    これは良い物を見つけましたね。
    有機でありしかも輸入物という事もあり、必ずしも安価とは言えないようですが
    その分、高品質と言えそうです。
    賞味期限が長くないので急いで食べてしまいそうですが、ご存知の通り食べ過ぎは
    逆効果になりますのでこのくらいのサイズが丁度良いのではないでしょうか。
    同じメーカーなのに産地が時期によって異なるというのは面白いですね。
    他にどこの産地があるのかも気になりますが、やはりブルガリア産を応援したく
    なってしまいます。

    No title

    コメントありがとうございます。通販サイトだとオーストリア産と書いてあるところもありました。今後はどっちが主流になるのでしょう。
    キロ単位で売っている店もありますが、パン屋さんが使うのか、ペット用なのか・・・
    私の行ったお店では他にもいろいろな有機ナッツ類や種子類が販売されていて、その中でもひまわりの種は一番安価な部類でした。見た目も味も栄養成分も、他と比べてしまうと地味感は拭えないですが、まあ嫌いではないです。

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。