ブルガリア産 巣はちみつ Bulgarian honeycomb

    ブルガリア産食品
    06 /08 2019
    (株)ミントハウスから発売されている巣はちみつを食べてみました。


    honeycomb0.jpg
    ハニカム プレミアム・ロー バルカン山脈からの贈り物

    巣ハチミツ、ブルガリア語ではмедена питаというそうですね。ブルガリア語辞書で調べると、питаというのはピタパンのピタと同じ単語で、蜂の巣(のような構造)を表す意味もあるとか。


    honeycomb2.jpg
    巣はちみつ(ブルガリア産)


    honeycomb3.jpg
    ナイフで切っていただけるので、液状のハチミツよりも食べやすい


    honeycomb4.jpg

    保管状態にもよると思いますが、蜜の部分は透明度が高く、割とサラリとしています。

    そのままいただきました。自然の甘さがたまりません。バルカン山脈の豊かな自然の中で育まれた、ハーブの風味が詰まった贅沢な味わいです。蜜蝋の部分は口の中に残ります。自然のものなので、噛んでそのまま食べても問題ありません。

    希少かつ高価なものなので、常食はできませんが、たまの贅沢にいかがでしょうか。

    コメント

    非公開コメント

    No title

    これはとても珍しい物を発見されましたね。
    蜂の巣は食べられるという話は聞いた事がありますが、まさか市販品が
    あったとは驚きです。
    こういう食材は常食するのが理想的ですが、やはり値段を見たら少し
    無理ぽいですね。残念!(笑)
    さすがにローヤルゼリーほどの効果は期待できないかもしれませんが、
    あちらは結構ボッタクリ価格の商品もみられますので、このくらいが
    バランス、コスパ的にも宜しいのではないでしょうか。
    近隣の店で買えるかぼちぼち調べてみようと思います。
    もし見つからなくても通販という手段もありますし。

    No title

    「ブルガリア産」のおかげで、食生活の幅が広がります。
    ローヤルゼリーは魅力的な効果があるのですね。何年か前に試したブルガリア産ビーポーレンもいろいろな効能が謳われていました。もし巣はちみつ(コムハニーともいうのですね)でまんべんなく採れるなら有り難いですけど。
    しかし蜜林ならぬ密林で買うと4000円近くするのですね(゚Д゚i

    どうでもいいですが、「アマゾンのハチミツ」と言うとラフレシアみたいな花から採ったヤバい蜂蜜みたいです(笑)。まあトリカブトからも蜂蜜採れてしまうそうですし。
    (注:南米にラフレシアは分布しないようです)

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。