ブルガリア産ロースイーツ+スーパーフード ルーバー Roobar 食べ比べセット

    ブルガリア産食品
    07 /20 2019
    roobar00.jpg

    ブルガリアからオーガニック&ヴィーガン&ローフード&グルテンフリー&砂糖不使用のスイーツ「Roobar」の詰め合わせセットを注文しました。
    30g×20個入りで23.2EUROでした。若干高価なお菓子ですが、それに見合う高品質な素材が使用されています。
    以前は日本国内でも宝商事さんで取扱いがあったそうです。私は店頭では巡り合うことができませんでした。今後入荷予定はないそうですので、欲しい場合は今のところ個人輸入で取り寄せるしかなさそうです。


    roobar01.jpg

    全8種類入っていました。スーパーフードをいろいろ試せるのでコスパ高いですね。
    100% raw + Superfoodと書かれています。ローフード食というのは、非加熱または48℃以下で調理された食材を摂ることで、酵素やビタミン類を効率的に摂取できるメリットがあると言われています。


    roobar82.jpg

    スペースの都合か、ブルガリア語による記載はありません。
    製造者はソフィアのRoo Brands OODと書いてあります。クッキーキャットと同じ製造者です。オーガニック&ヴィーガンスイーツで全世界的に認知されつつあるようです。
    以下に個別の味のレビューを書きます。共通しているのは、ロースイーツでおなじみのデーツ(なつめやし)を主成分としていることです。フルーツの自然な甘みが濃縮され、ノンシュガーでも十分甘く、スイーツ好きを満足させられる味となっています。栄養価も高く、美容にも良いそうです。



    マカ&クランベリー


    roobar10.jpg

    原材料:有機デーツ、有機クランベリー(20%)、有機濃縮りんご果汁、有機サンフラワーオイル、有機アーモンド、有機マカ(3%)



    roobar11.jpg

    クランベリーが20%ほど使われているので、ローズヒップ系ハーブティーのような風味と、赤色系野菜のコクが同居したような味です。森の恵みですね。
    サプリメントでよく目にするマカも3%含まれているので、それも寄与しているかも知れません。



    チア&ココナッツ


    roobar20.jpg

    原材料:有機デーツ、有機ココナッツ(22%)、有機チアシード(8%)、有機レモンオイル



    roobar21.jpg

    いろいろなツブツブが含まれていることが見てわかります。チアシードは日本でも流行りましたし、ワゴンセールでもお馴染みになりましたね。味としてはココナッツの寄与が大きいです。
    特筆すべきは食感でしょう。チアシードのプチプチが面白く、ココナッツの歯ごたえとも合わさって、噛みごたえのあるフルーツバーとなっています。



    インカベリー


    roobar30.jpg

    原材料:有機デーツ、有機アーモンド、有機インカベリー(15%)、有機生姜、有機オレンジオイル



    roobar31.jpg

    インカベリーは食用ほおずきです。乾燥果実がゴロゴロ入っています。酸味は強めです。
    いちじくのようなプチプチした食感も感じられます。ホオズキは植物としては時々目にしますが、あまり食卓の上る機会はないので珍しい果実と言えるでしょう。



    カカオニブ


    roobar40.jpg

    原材料:有機デーツ、有機アーモンド(26%)、有機カカオニブ(6%)、有機カカオパウダー



    roobar41.jpg

    いつもカカオニブと聞くと、カカオ一部から降格されたのかと思ってしまいます<すみません m(_ _)m
    ・・・個人的にはカカオニブ一番好きですよ。栄養満点だし甘くないので罪悪感もないし。

    話が逸れましたが、このカカオニブ味は他の味と異なり、生チョコやソフトクッキーを食べているような感じもします。
    カカオニブのポリポリした食感と苦味が、アーモンドのコクと甘みと合わさります。チョコレート好きにおすすめです。私も気に入りました。



    ヘンププロテイン


    roobar50.jpg

    原材料:有機デーツ、有機アーモンド、有機ヘンププロテイン(18%)



    roobar51.jpg

    ヘンプシードは麻の実です。クッキーキャットでもヘンプシードを使った味がありました。馴染みの深い食材ではないものの、こちらもデーツとの相性が良いおかげで、食べやすい味となっています。
    くるみのようなナッツ系の風味も感じられます。後味にヘンプシード特有の渋みというか、コク味が残り、後を引きます。



    ゴジベリー


    roobar60.jpg

    原材料:有機デーツ、有機ゴジベリー(10%)、有機ココナッツ、有機カカオパウダー



    roobar61.jpg

    ゴジベリーは、スイーツのトッピングやミックスナッツでお馴染みのクコの実です。パッケージが赤いのでわかりやすいです。
    ナッツ類が使われていないためか、食感は他の味よりも粘性と弾力が強い感じです。強めの甘みがあります。ココナッツ味の寄与が大きく、カカオパウダーが入っているので、チョコレート系の味もします。



    マルベリーバニラ


    roobar70.jpg

    原材料:有機デーツ、有機カシューナッツ、有機マルベリー(20%)、有機ブルボン種バニラ(0.3%)、



    roobar71.jpg

    マルベリーは桑の実のことです。これもスーパーフードと扱われていたのですね。中にはカシューナッツの粒以外にも、小さな果実の種が見えます。
    酸味と甘みが強く、やや複雑な野生的な味も感じられます。それがバニラの風味が合わさることでお洒落な味へと昇華を遂げています。



    リコリス&チリ


    roobar80.jpg

    原材料:有機デーツ、有機カシューナッツ、有機リコリスルート(0.5%)、有機アニス、有機赤唐辛子(0.2%)、塩



    roobar81.jpg

    さて、今までのは違和感なく受け入れられるフレーバーでしたが、この「リコリス&チリ」味だけは異彩を放っています。
    リコリス菓子は好き嫌いが分かれますからね。サルミアッキみたいに塩化アンモニウムが入っているわけではないのですが、パッケージが黒いのが不安を煽ります(笑)。

    なんかちょっと変わった匂いがします。
    味もこのシリーズの中では一番個性的ですね。甘味は他の味同様にありますが、唐辛子が入っているので、後味に独特の癖とピリピリが残ります。
    もちろん十分食べられる味なのですが、それはベースとなるデーツが美味しいからであって、ベースに対してプラスに寄与しているかというと、個人的にはそうでない気がします。(^^;


    個人的には、チア&ココナッツとカカオニブ、ゴジベリーあたりが特に気に入りました。


    roobar02.jpg
    おまけとしてルーバーのマスコットキャラのシールがついてきます。

    コメント

    非公開コメント

    No title

    投稿お待ちしておりました。(レス遅くなりましたが)
    厳選された素材を使っているだけあって、(1種類を除き)なかなか美味しそうですね。
    実を申しますと私は「まだ」こちらの商品を注文しておりません。
    理由としてはコスパを優先させたかったもので。(苦笑)
    今のところサイクリングのお供にはクッキー◯ャットのお世話におりますが、やはり補給食としてはこちらのほうが向いていそうですね。
    ネックはやはり価格の問題でしょうか。しかしそれでも国内正規価格の約半額ですから、考え方によっては安いのかも知れません。
    ただ、国内で在庫を探しているときに「かつてカル◯ィで叩き売りされていた」という記事を見てしまったものですから。。。(笑)
    ブルガリア製なのにブルガリア語での説明が書かれていないというのは輸出を優先した結果でしょうか。まさかブルガリアではこのような食品が不人気だという事は無いと思われますが、とても不思議です。
    次回はこちらの商品を注文したいと思います。(出汁にしてすみません)
    唯一気になったのはマスコットキャラクターのデザインです。
    どう見ても◯○◯マンにしか見えないのですが、「パクリやがって」と工場に放火されない事を祈るばかりです。(笑)

    コメントありがとうございます

    8種類もあるのでレビューを揃えるのも大変でした。嬉しい悲鳴ですね。
    コスパ的には今回のパッケージはいろいろ試せるというのが大きなポイントでした。さすがに8箱も買えませんし・・・
    私の通っているカルディではこの商品は見かけませんでした。たまたま入荷のない店だったのでしょうか。毎回ワゴンコーナーもチェックしているのですが。
    ルーバーのマスコット、名前は特にないのでもう◯○◯マンと呼びましょうか。よく見るとパッケージに書かれている眼、リコリス&チリ味だけ焦点が定まっていないですね(笑)
    もしかすると、ブルガリア国内用には別途ブルガリア語で書かれたラベルが準備されているのかも知れません。

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。