ブルガリア産アマニ油は田舎パンにぴったり

    ブルガリア産食品
    10 /22 2019
    amani0.jpg

    希少な食品を入手しました。ブルガリア産の食用亜麻仁油です。
    亜麻は冷涼な地域に生息し、その種から搾り取ったものがアマニ油となります。カナダ産が店頭販売されているのを見ますが、ブルガリアでも栽培されていたのですね。しかも輸入されていたとは。


    amani1.jpg

    大手で取り扱っている訳ではなさそうです。栃木県の6月の森さんが、親交のあったブルガリアの生産者の方から直接仕入れた商品だそうです。販売者について詳しくは分かりませんが、静岡県三島市のカントリークラブ経営者らしいです。静岡県東部に3年間住んでいましたので、三島市も結構あちこち歩いたものですが、カントリークラブについては知りませんでした。流通する量も限定されているので、入手には通販で取り寄せるしかなさそうです。
    グラム換算でフランス産発酵バターと同じくらいの値段します。白色のガラス瓶に入っています。直射日光を嫌い、非常に酸化しやすい油だそうで、開封後は冷蔵庫で保管、早めに使い切る必要がありそうです。100g中オメガ3系α-リノレン酸を53g含有するそうです。動脈硬化予防、抗腫瘍作用、抗アレルギー作用、認知症予防、などいろいろ効果があるそうです。


    amani2.jpg
    黄金色に輝くアマニ油。

    加熱調理には適さないそうですので、パンにつけていただくか、ドレッシングが用途として考えられます。まずそのままいただきました。

    わずかに渋味がありますね。でもコクがあり、食べやすいほうだと思います。次はパンにつけていただきましょう。


    amani3.jpg
    ブルガリアのパンはないので、緑と風のダーシェンカ さんの石窯自然酵母使用バゲットでいただきます。


    amani4.jpg
    いい感じの琥珀色しています。

    甘いパンよりも素朴な味のパンが合います。味だけで言えばもっと旨味の強い油が他にあると思いますが、その分アレンジも利きますし、身体に美味しいレシピがいろいろできそうです。

    コメント

    非公開コメント

    No title

    これは非常に珍しいものを入手されましたね。
    亜麻仁油からしてあまり普及していない事に加えてブルガリア産というのは
    もはや希少といっても良いかもしれません。
    値段はやはりそれなりになってしまうのですね。物価の安い国なのですから
    もう少しサービスして欲しいところです。
    取り扱いは結構厄介ですね。ズボラな私には向いてなさそうな気もしますが。
    (笑)
    ともあれ健康増進にはかなり強い味方と言えそうです。たっぷり召し上がって
    これからも頑張って下さい。

    ありがとうございます

    ブルガリアはひまわり畑のイメージがありましたが、亜麻も栽培されているということで、勉強になりました。
    国産の亜麻仁油はもっと高価な商品もあるそうで、ギフトとかふるさと納税の返礼品向けなのかなと思いました。私はふるさと納税はやりませんが、オリックスのふるさと優待は結構重宝しており、頂きものの太白ごま油でここ数年しのいでいます。
    そうですね、今後もたくさん食べて記事を量産したいと思います。

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。