マヴルッドの白ワインでコンポートを作る

    料理・作ってみた
    11 /13 2021
    日進ワールドデリカテッセンでマブルッドの白ワインが店頭販売されています。


    mavrud0.jpg
    ZAGREUS WHITE MAVRUD TIARA

    これはかなり希少なワインと言えるでしょう。そもそもブルガリアワイン自体なかなか店頭で売っていないですし、その中でもブルガリアの固有品種であるマヴルッドは希少です。さらに、マヴルッドはそもそも赤ワイン用の品種なので、果皮を除去して白ワインに仕上げた本品はまさにトリプル希少と言えるでしょう。


    mavrud1.jpg

    価格は750ml入り1,500円。ワインにしては特別高いわけではなく、これほど希少なワインがこの価格で国内の店頭で買えるというのは奇跡に近いものがあります。そのまま飲むとやや辛口ながらフルーティーなワインです。今回は調味料としても使ってみたいと思います。



    洋梨のコンポート



    compote0.jpg

    主な材料は、洋なし、ブルガリア産マヴルッドワイン、ブルガリア産はちみつ。
    シナモンやクローブを使うとアクセントになるということなので、自宅にあったティーマサラを少々使用。レモン汁少々入れても良いという話なので、スーパーのワゴンコーナーにあったすだちで代用。


    bghoneyforcompote.jpg
    ブルガリア産オーガニックはちみつ

    こちらは何かのポイントをためて交換してもらったブルガリア産オーガニックはちみつです。賞味期限切れてるけど気にしない。


    compote1.jpg

    水を使わず、贅沢にワインのみで煮るレシピを試してみました。洋なしは皮を剥いて2つに割り、芯をスプーンでくりぬきます。ワイン&はちみつを入れて落し蓋をした状態で20分ほど煮ます。果汁も出るし、落し蓋の効果で味は行き渡るので、ひたひたになるまでワインを注ぐ必要ないです。ワイン200mlに対してはちみつ50g程度でしょうか。


    compote2.jpg

    compote3.jpg
    洋梨のコンポート ブルガリア産マヴルッド白ワイン&ブルガリア産はちみつ使用

    シロップの方は、酸味が効いています。はちみつ由来のコクのある甘味と合わさって、豊かな味わいに仕上がっています。それが洋なしの身にしっかり染み込んでいるので、贅沢なスイーツです。砂糖と酸味料を原料とする缶詰のシロップに近いといえば近いですが、味の深みが違います。こちらはブルガリア産のナチュラルな素材を使っていますので、捨てずに最後まで飲みましょう。アルコールは飛んでいるので、子供やアルコールが苦手な方でも食べられます。材料費はトータル1000円ほどしましたが、これお店で出たら梨一個分だけで1000円は軽く超えるでしょう。自作すればこんなにリーズナブル。

    白のマヴルッドを入手したら、そのまま飲むのはもちろん、いろいろな応用を試してみるのもいかがでしょうか。

    コメント

    非公開コメント

    No title

    赤ワイン用の品種を使って白ワインを作るとは意外性が大きいですね。
    一手間掛かっているにも関わらずリーズナブルな価格で購入できるとは驚きです。
    私は酒に音痴ですが2019年ですと出来は悪くなかったのではないでしょうか。
    ワイン蒸しの洋梨コンポートとはなかなか豪華なスイーツですね。
    昔と違って私は手間の掛かる料理をほとんどしなくなったのでいつもながら
    研究熱心な姿勢には頭が下がる思いです。
    余計なお世話ですが、早くブルガリア人のお嫁さんを貰って下さい。笑

    参考になります

    ブルガリアには他にもメルニックなどの固有種があるようですね。格付けについては私もよくわかりません。
    入手の手間を除けば、突っ込んで加熱するだけなので、煮付け作るより簡単です。パンやケーキだとプロには全然かないませんが、スイーツの種類によっては自作でも良い線いけるものはありそうです。
    もっと数週間単位で時間のかかるスイーツも作っていますので、また気が向いたら書こうと思っています。

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。