PUCPR (パラナ州立大学)

    海外出張
    09 /27 2007
    会場となった大学です.


    正門から入るとこんな光景が.なんかいろいろなものがありますね.左は大学自慢の日本庭園です.


    校内です.なかなかユニークな色使いです.


    食堂のフロア.学生で賑わっています.


    最終日の午後,大学が停電してしまい,困った人も多かったです.

    コメント

    非公開コメント

    大学が綺麗ですね。

    私は学歴にあまり縁がありませんが(苦笑)州立大学ともなりますと将来のエリート候補が大多数を占めそうですね。
    それにしてもブラジルの建築はユニークなものが多いですね。あるいはO・ニーマイヤーに匹敵するデザイナーも多数育っているかもしれません。
    ブラジルの電力事情はもしかして相変わらずなのでしょうか。イタイプー発電所は既にフル稼働している筈ですが、ひょっとすると外貨稼ぎの為に隣国への売電を優先しているのかも。。。

    広々としていて,建物も確かに奇麗でした.
    デザイン関係の学科か,それともサークルなのかはわかりませんが,野外で絵を描いている学生を多く見かけました.
    停電は頻繁にあるのでしょうか.タルノヴォでも停電を体験しましたが,そのときとは違って地域全体というわけではなかったようです.

    ブラジルの州立大学はエリートコースなのですね。
    公立の大学では給料が安すぎるといっては教授陣が頻繁にストライキを起こしていると聞いています。そのぶんストが終わればものすごい勢いで過密スケジュールを組んで穴埋めするんだとか・・・

    準備する講師陣もきっと大変でしょう.
    そういえば学部のころ,イブからクリスマスにかけてまる2日間ロシア語の補講などというのもありました.
    結局,身についていないですね・・・

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。