クリチバの風景 (2) 動物のいる風景

    海外出張
    09 /30 2007
    「Linha Turismo」という旅行者用のバスが市内および郊外を巡回しています.
    3日目には,自然公園や植物園に行きました.野生動物が多くいるようです.

    Parque Tinguiにて.延々と草を食べ続けています.


    子連れ.


    こちらはJardim Botanicoより.橋の上で休んでいて,人間が近づいてもまったく気にしていない様子です.胸のクッションに頭をうずめられるのは便利かも?



    コメント

    非公開コメント

    写真を見て、最初は動物園かと思いましたがそうではないのですね。人口だけでいえば私の住む街札幌に匹敵しますが、さすがに札幌の公園といえどもエゾシカの姿を見る事はできません。(笑)
    やはり自然の豊かさではスケールが違うようですね。そして都市と自然の調和でもクリチバ市は成功していると言えそうです。


    このParque Tinguiのような公園が,街の周囲に点在しているようです.歩いてのんびりするのが目的のような作りになっていました.
    この動物を「カピバラ」ということを,今日同僚に指摘されるまで知りませんでした.エゾシカとはひょっとすると習性がずいぶん異なるかもしれませんね.

    公園ですか?
    最初は僕も動物園だと思います。
    ブラジルで住民の生活がめちゃめちゃ安定していそうですね。実際は日本での生活も楽です。
    公園には鳩と鴉が多いですね。:-)

    この街は確かに安定していそうです.
    日本の公園は遊具やら観覧車があるのが多いですが,こういう散歩道だけの自然公園もいいものです.この公園でたくさん写真を撮ったので,他のも今度見せますね.
    カピバラが東山動物園にいるといいですが,いないかもしれません.

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。