太白の収穫

    野菜栽培日記
    10 /24 2007
    taihaku.jpg

    今年目玉のサツマイモ,太白を収穫しました.
    想像していたのと違い,デカいものが多いです.一株につき2~3個巨大なイモがついているのが平均的なパターンのようでした.
    品種改良された新しいイモは,素人が作っても割と安定した形になるものが多いですが,これは戦前からある品種だからでしょうか.派手にひび割れているものもずいぶんありました.奇麗に作るためには技術がいるのでしょう.
    色は白っぽいピンク色で,皮の厚さは薄いように見えます.
    味はどうかまた楽しみです.

    コメント

    非公開コメント

    収穫おめでとうございます。どこでも見かけるベニアズマとは見た目もかなり違うようです。少しだけ調べましたが保存にはあまり適していないものの、天日干しや穴蔵で貯蔵するとぐっと甘みが増すそうです。
    現在では希少な種類ゆえ、通販でしか手に入らないみたいです。(キロ700円以上もします)案外、私の子供時代はそれと知らずに食べていたかもしれませんね。

    ありがとうございます.
    私の親戚は昔から畑でイモを作っていたのですが,品種については「ベニアズマかキントキだったか,,とにかく近所で売っていたもの」と明確には答えませんでした.品種にこだわるのは最近の傾向のようです.
    以前は身が白いサツマイモも多かったのでしょうか.確かに黄色い方が美味しそうに見えるため,その方向に移行していったのですね.
    家にはこれといった貯蔵技術もないため,年内に消費するしかないかもしれません.

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。