太白サツマイモの収穫 その味は

    野菜栽培日記
    10 /24 2007
    taihaku.jpg

    今年目玉のサツマイモ,太白を収穫しました.
    想像していたのと違い,デカいものが多いです.一株につき2~3個巨大なイモがついているのが平均的なパターンのようでした.
    品種改良された新しいイモは,素人が作っても割と安定した形になるものが多いですが,これは戦前からある品種だからでしょうか.派手にひび割れているものもずいぶんありました.奇麗に作るためには技術がいるのでしょう.
    色は白っぽいピンク色で,皮の厚さは薄いように見えます.
    収穫したタイハクの一部を食べました.

    生のイモを切るとこんな感じです.確かに白っぽいです.
    taihaku1.jpg

    薄めに切ってバターをひいたフライパンで焼くとこのようになります.
    taihaku2.jpg

    これはアルミホイルでくるみ,オーブンで焼いた時の画像です.
    taihaku3.jpg

    生のイモを洗う時に,表面の色素が流れ落ちます.
    焼くと中身は,薄黄色に灰色っぽいモヤがかかったような色になり,それを放置するとさらに色は退化します.ルックスで判断すると,一般的な黄金色のイモの方が美味しく見えそうです.
    ホイル焼きのときはやわらかくてネットリした食感でした.フライパンで焼くと水気の多さはそれほど感じません.
    甘味はあります.一般的なベニアズマよりは控えめで素朴な甘さです.形や色といった見た目の良さや収量,甘味の強さを考えると,これが新しい品種に取って代わられた理由はわかります.
    しかし,単純に「甘味=イモの旨味の全て」でもないような気がしました.素朴ながら,総合的な味は良いです.粉っぽくなく食べやすいのにも好感が持てます.
    来年も苗が手に入れば育てたいです.




    ついでですが、これまで結構多くのサツマイモの品種を試してきたので,それらの個人的評価をまとめます.
    トマトやナスと比べると,品種間での個性の差が大きいと思います.

    黄色系統
    ベニアズマ 評点:3 巨大化しやすい品種です.貯蔵はもって1月頃が限界.高系14号と食べ比べたところ,後者の方がしっとりして美味しかったように思えます.
    高系14号 評点:4 標準的な種類の中では特に美味しいです.最近はあまり見かけませんが,もっといい後継種ができたのでしょうか.
    紅高系 評点:4 高系14号が見つからなかった年にホームセンターで購入.高系14号との違いはほとんど分かりませんでした.たくさんとれて嬉しかった記憶はあります.
    紅乙女 評点:5 長くなる上,深い位置にできやすいので掘り取りが難しいですが,甘くてとても美味しいです.5月まで貯蔵できてしまうので,芋を植えるその日に焼き芋ということも可能です.
    紅赤 評点:2 形も味もジャガイモに似ていて,甘さが少なかったです.収穫量も少ないです.条件が悪かったのでしょうか.

    白色系統
    ---未チャレンジです.太白が成功すればはじめての白になります.

    ピンク色系統
    蜜芋 評点:3 丸長くユニークな形だった記憶があります.食べる段階になってはじめてピンク系統であることに気づきました.
    コガネ人参 評点:3 名前の通り,ピンク系です.収穫量が少ないのでネタとして.
    ベニキララ 評点:3 色も味もニンジンに近い気がして不思議でした.収穫量は少ないです.
    ベルベット 評点:3 これもピンク色の入り方が独特で面白かったです.ピンク系は水分が多く,収穫量が少ないものが多いようです.
    ハヤト 評点:4 甘くオレンジ色でまるでカボチャのようでした.身はやわらかめです.評判がよかったです.

    紫色系統
    紫宝 評点:3 甘さはまあまあです.紫色はそれほど濃いわけでは有りません.収穫量が少ないので貴重です.
    魚豚紫1号 評点:4 ネットで注文.身はかなり濃い紫色で驚きました.ネタとしてだけでなく,味も紫系統にしては甘くて美味しいので満足できます.

    コメント

    非公開コメント

    収穫おめでとうございます。どこでも見かけるベニアズマとは見た目もかなり違うようです。少しだけ調べましたが保存にはあまり適していないものの、天日干しや穴蔵で貯蔵するとぐっと甘みが増すそうです。
    現在では希少な種類ゆえ、通販でしか手に入らないみたいです。(キロ700円以上もします)案外、私の子供時代はそれと知らずに食べていたかもしれませんね。

    ありがとうございます.
    私の親戚は昔から畑でイモを作っていたのですが,品種については「ベニアズマかキントキだったか,,とにかく近所で売っていたもの」と明確には答えませんでした.品種にこだわるのは最近の傾向のようです.
    以前は身が白いサツマイモも多かったのでしょうか.確かに黄色い方が美味しそうに見えるため,その方向に移行していったのですね.
    家にはこれといった貯蔵技術もないため,年内に消費するしかないかもしれません.

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。