太白サツマイモの味

    野菜栽培日記
    11 /11 2007
    収穫したタイハクの一部を食べました.

    生のイモを切るとこんな感じです.確かに白っぽいです.
    taihaku1.jpg

    薄めに切ってバターをひいたフライパンで焼くとこのようになります.
    taihaku2.jpg

    これはアルミホイルでくるみ,オーブンで焼いた時の画像です.
    taihaku3.jpg

    生のイモを洗う時に,表面の色素が流れ落ちます.
    焼くと中身は,薄黄色に灰色っぽいモヤがかかったような色になり,それを放置するとさらに色は退化します.ルックスで判断すると,一般的な黄金色のイモの方が美味しく見えそうです.
    ホイル焼きのときはやわらかくてネットリした食感でした.フライパンで焼くと水気の多さはそれほど感じません.
    甘味はあります.一般的なベニアズマよりは控えめで素朴な甘さです.形や色といった見た目の良さや収量,甘味の強さを考えると,これが新しい品種に取って代わられた理由はわかります.
    しかし,単純に「甘味=イモの旨味の全て」でもないような気がしました.素朴ながら,総合的な味は良いです.粉っぽくなく食べやすいのにも好感が持てます.
    来年も苗が手に入れば育てたいです.

    コメント

    非公開コメント

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。